トランペットを始めるメリットとデメリットは?20年以上続けるプロが解説

Screenshot

トランペット教室(新山トランペットレッスン)を運営しております「ニイヤマッスル」こと新山泰規です!

トランペットを学びたいみなさん、ブログまでお越しいただき、ありがとうございます。

ニイヤマッスル
ニイヤマッスル

今回は、トランペットを始めるメリットとデメリットを、20年以上続けてきたプロのぼくが、嘘偽りなくお伝えします!

トランペット教室の先生をしているぼく個人としてはやっぱり、トランペットは楽しいものだと思っているので、一度手にとって試してから判断して欲しいとは思います。

でも、人によってはトランペットが不向きなこともあるかもしれません…。

「これからトランペットを始めようかな?」「楽器を選びたいけど、トランペットはどうだろう?」というかたの、お力添えになれば幸いです!

ちなみに、ぼくが群馬県で運営するトランペット教室「新山トランペットレッスン」では、まだトランペットを持っていない人でも、試しにレッスンを受けていただけます!
トランペットを持っていないのであれば、群馬県にある教室までお越しいただく必要はありますが、お気軽にご相談ください!
>>新山トランペットレッスンの詳細

トランペットを続けて感じたメリット

まずは、ぼくがトランペットを20年続けて感じたメリットからご紹介します。

①仲間ができる
②自己表現力が上がる
③持ち運びやすい

言い方を変えれば、どれもトランペットの「魅力」です!

少しでも魅力を感じるなら、人生で一度はトランペットを経験してみると、楽しめると思います!

トランペットのメリット①:仲間ができる

トランペットを続けていくにつれ、トランペットの仲間はもちろん、そのほかの楽器の仲間もできるようになりました。

たとえばオーケストラに所属すれば、他のトランペット仲間と一緒に練習するだけでなく、他の楽器を担当する人たちとも連携を取る必要があります。

ぼく自身は現在も、「タカサキシティバンド」というグループに所属し、プロとして群馬県を中心にで演奏活動をさせていただいています。

また最近では「ピアノ教室ハーモニー」という高崎市のピアノ教室の先生とも、コラボさせていただくことが増えました。

ある種「共通の趣味」を持っている人と繋がりが持てるのは、やはり楽しいです。

トランペットのメリット②:自己表現力が上がる

トランペットは、パーン!と大きくスッキリした音を出せる楽器です。

ソロパートを任せてもらえる機会も多く、演奏の中でも比較的、表現の自由度を高くしても、お客様に楽しんでもらえます。

もちろん、クラシック音楽でアレンジを加えるのはNGですが、ポップスやバンドの持ち曲をその場でアレンジして吹くのは、逆に喜ばれたりします。

他の楽器とのコミュニケーションも大切にしつつ、「ここはこうしよう」「ここはアレンジしたらダメなやつだな」と判断して表現するうちに、どんどん楽しくなるはずです。

楽しくなればなるほど、表現の仕方を工夫したくなるので、表現力自体が上がっていきます

トランペットのメリット③:持ち運びやすい

トランペットの重さは、約1kgです。

1kgと聞くと「重いな」と感じる人もいるかもしれませんが、金管楽器の中では軽いほう。

・トランペット:1kg
・トロンボーン:1.5kg
・ホルン:2kg
・ユーフォニアム:4.5kg
・チューバ:9kg

楽器によって持ち方は違うので、演奏中の重さの感じ方も違うのは事実です。

とはいえ、どこかへ足を運んで演奏をする際や、練習場所へ移動をともなう場合には、軽いに越したことはありません

ケースに入れればリュックのように背負うこともできるので、自転車で学校や教室に通うこともできてしまいます。

トランペットを続けて感じたデメリット

一方で、20年トランペットを吹き続けたぼくが感じた、デメリットもご紹介します。

①ミスが目立つ
②練習場所が少ない
③最初に音を出すのが難しい

こう見るとなかなか、トランペット特有の悩みが多いかもしれません。

いずれも解決策はありますが、自分との相性という意味で、確認しておいて損はないでしょう。

トランペットのデメリット①:ミスが目立つ

良くも悪くも、トランペットは目立ちます。

ソロパートが気持ちよく吹ける、という点では目立つことがメリットになりますが、間違えるとすぐバレるという点ではデメリットにもなり得ます。

ニイヤマッスル
ニイヤマッスル

特に吹奏楽やオーケストラでトランペットのパートが多いと、「そろそろ休ませてくれ…!」なんて思う経験は、トランペッターなら誰でも共感できるはずです。

吹けないパートをごまかせないぶん、練習不足で吹けないのであれば事前に自己申告しておかなければ、他のパートにも迷惑がかかります。

吹ければかっこよくキマるトランペットも、吹けないとそのぶん目立ってしまうのはデメリットでしょう。

日頃からしっかりと練習をして、本番に備えておくのが良いですね!

トランペットのデメリット②:練習場所が少ない

トランペットの練習をする際には基本的に、大きな音を出す必要があります

自宅に防音室がない場合、練習場所は学校や公民館、時間貸しスタジオ、楽器演奏が可能なカラオケ店などに限られるでしょう。

公園や河川敷、山などのひらけた場所があれば練習も可能かもしれませんが、トランペットの音は想像以上に遠くまで届くため、迷惑になってしまうこともあります。

ピアノなど他の楽器でも同様の悩みを抱えることが多いですが、トランペットはピアノ以上に音が響く楽器なので、近所迷惑にならないよう注意する必要があるはずです。

トランペットのデメリット③:最初に音を出すのが難しい

トランペットの初心者さんに多いのですが、最初に音を出すのが難しくて挫折してしまう可能性があります。

ニイヤマッスル
ニイヤマッスル

ぼく個人としては「難しいことをやり遂げたらかっこいいじゃん」という発想だったので、その難易度こそがぼくを燃え上がらせてくれました。

でも、最初の音がうまく出せないということは、簡単な曲すら吹けるようになるまでの道のりは長いです。

ただし逆に考えるとトランペットは、最初のふるいにかけられるため、敵が少なくなります

コツをつかんで曲を吹けるようになれば、楽しさはグンとアップするものです!

【まとめ】トランペットに興味がある?始めて損は無し!

トランペットに限った話ではありませんが、「ちょっと興味がある」と思ったときには始めておかないと、後で後悔すると思います。

楽器はいつでも始めることができるものですが、はやくに始めるほど身に染み込みやすいと感じる人も多いです。

ぼく個人としては、良い先生や仲間に出会えるかどうかも、続けたいと思えるかどうかの分かれ道になると思っています。

周りに恵まれたらそのぶん、トランペットを吹く時間を楽しめるはずです。

「トランペットを1人で始めたい」という人はぜひ、ぼくのYouTubeチャンネルもご活用いただければ、少しでも楽しい気持ちを共有していただけると思います。

【YouTube】新山トランペットLabo_ratory

✔️新山トランペットでレッスンしませんか?

群馬県のトランペット教室「新山トランペットレッスン」では、マンツーマンでトランペット指導をおこなっております!

「トランペットに興味はあるけど、何から始めれば良いかわからない…」
「趣味として始めたいけど、1人でうまくなるのは難しそう…」
「良い先生のもとで、もっと楽しくトランペットを継続していきたい!」

このように考えているかたはぜひ、ぼくと一緒にトランペットレッスンを楽しみましょう!

>>ニイヤマッスルの対面レッスン詳細はこちら

また、「ニイヤマッスルの指導を受けてみたいけど、群馬県は遠い…」という方の声を受け、オンラインレッスンもおこなっています

>>ニイヤマッスルのオンラインレッスン詳細はこちら

オンラインでも対面レッスンと同じクオリティで指導をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください♪

schedule_line 対面レッスン 申し込み camcorder_line オンラインレッスン 申し込み